畑ごと、梨の樹ごとの管理記録(#167)を収集するようになったので、それらの情報を整理する必要がありました。

今回の内容 Content

  • 圃場ごとの管理台帳を作る
    • 畑ごとに1冊ずつバインダに保管する
    • 年度ごと、作業ごとに作業記録などを分類する

ねらい Purpose

  • 圃場ごとの管理履歴を一元管理する
    • 作業計画、段取りへ生かす
    • 防除計画などへ生かす

今回の結果 Result

  • 各圃場ごとの管理台帳を作成した
  • 作業記録を誰でも自由に閲覧・管理できるようになった
中の人

畑ごとにファイルを分けるか、年度ごとに分けるか悩みました。1つの畑の営みを数年単位で見渡したいときがあるので、畑ごとにしました。結果的に正解でした。

今回の学び Learning

年間を通して膨大な時間とエネルギーを現場仕事に使っているのですから、それにふさわしい書類やデータを整えましょう。阿部梨園のみんなは、圃場台帳を大切に使ってくれています。

コツ Tips

多穴バインダ

多穴バインダ(#127)を使用しています。2穴では、頻繁に使っているうちに紙が傷みます。しまい込むのではなく日々使うものなので、多穴でしっかりと保管しておくといいです。

参考 Supplement

これを圃場ごとに使っています。

まとめ #062 圃場台帳
難易度 ふつうむずかしい点はありません
費用 ノーコスト〜数千円です。

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。