それまでの阿部梨園では、お客様が弊園へ注文用紙(#085)を郵送される際には、お客様自身に郵送料を負担していただいていました。

今回の内容 Content

受取人払(郵便の着払い)

参考:料金受取人払 – 日本郵便

ねらい Purpose

  • お客様が郵便でご注文される際の負担を軽減する
    • 切手代、封筒代
    • 宛名を記入する手間
  • 電話注文から郵便注文への誘導
    • 電話よりも郵便のほうが低負担なので

今回の結果 Result

  • お客様が郵便でご注文される際の負担が軽減された
  • 郵送での注文が増えた
  • NG !受け取るときにサインが必要です
    • 人が少ない場合はやや面倒です。
中の人

もちろん、郵便料金の負担は増えますが、100件注文があっても1万円程度です。封筒制作費と合わせても2万円にもなりません。お得な施策です。

今回の学び Learning

注文用紙や返信用封筒まで用意しているなんて、丁寧!」とお客様に感じていただくことが真の目的です。実際に封筒を使っていただくかどうかはさておき、おもてなし感として伝わればと思います。

コツ Tips

プロに頼む

デザイン性はありませんが、デザイナーか業者に頼んだほうが早いです。郵便局から指定されるバーコードの印刷などがちょっと面倒です。

隔年で更新

一度受取人払いを承認してもらったものでも2年間の期限があります。これが厄介で、数年分まとめて作ることができません。最低でも1シーズンおきに必要な枚数を印刷する必要があります。お客様が郵送しようと思ったときに、封筒の期限が切れていれば迷惑になってしまいます。

参考 Supplement

自宅プリンタで封筒を印刷すれば、費用を抑えられます。

まとめ #086 注文用封筒
難易度 ふつう封筒のデザインは誰かに頼みましょう
費用 中コスト〜2万円程度かかります

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。