阿部梨園は事務所スペースがあるだけ恵まれているのですが、それでも事務所兼スタッフ休憩室兼応接室なので、なかなか手狭です。物品はなるべく倉庫に、、、とも思うのですが、日常的に使うものは手元に置いておきたいですよね。今回は、収納を増やしてスペース難をしのぐ話です。

今回の内容 Content

  • 壁に棚を設置する
    • 日用品(消耗品)の保管スペースとする

ねらい Purpose

  • 事務所の収納スペースを拡張する
    • 日用品を大量にストックして置けるようにする

今回の結果 Result

  • 壁に棚を設置した
    • 木材ボードをホームセンターで買ってきてDIYした
  • 事務所の収納に余裕ができて、消耗品を買い込めるようになった
中の人

農家はDIYに強いです。必要な工具類をあらかじめ持っていることが多いですし、スキルもあります。収納に限らず、必要なものはどんどん作っちゃいましょう。(レクリエーションとしても楽しかったです)

今回の学び Learning

事務所や作業場、納屋などの活用密度を意識しましょう。自作しなくても、キャビネットや本棚など、市販の収納具を活用するのも効果的です。

トイレットペーパーやティッシュのようなかさばる消耗品も、1度に2-3年分買い込んで、ストックできるようになりました。買い物に行く回数を減らす目的です。

参考 Supplement

整理収納アドバイザー資格の公式教本です。整理整頓の原理原則から説明されています。

まとめ #115 収納を増やす:棚設置
難易度 かんたんむずかしい点はありません
費用 低コスト材料費がかかります

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。