阿部梨園には以前からロゴがありました。デザイナーさんが作ってくれた、個性的なオリジナルロゴです。とても気に入って使っていたのですが、使いやすさ、視認性、他の要素との組み合わせやすさを考えて新しいものを用意しました。

ロゴ(旧)

旧ロゴの課題

  • 個性あるがゆえに主張しすぎるときがある
    • 他の要素と合わせにくい
  • 小さく表示すると少し読みにくい

今回の内容 Content

  • 「阿部梨園」ロゴを新しくする
    • 思い切って市販フォントのみのデザインにしました

ロゴ(新)

これはデザインとすら言えないというか、ある意味ダウングレードです。こうすることで、PCにフォントをインストールしてあればどんなアプリケーションでも(WordでもIllustratorでも)使えます。画像を探してきて挿入する必要もありません。アイコン的な図案も省略しました。

品種ロゴ(#192)と組み合わせて使っています。個性担当は品種ロゴに任せました。

ねらい Purpose

  • ロゴを使いやすくすることで、デザイン効率を上げる

今回の結果 Result

  • ロゴがシンプルになって、調和したデザインを構成しやすくなった
  • ロゴを市販フォントに置き換えて、デザイン作業の効率が上がった
中の人

ロゴはブランドの顔なので、大手の企業や既に認知されている商品などでは変えにくいものです。農家には一貫性など求められないので、自由に必要なときに変更していいと思います。ロゴがパッケージなどに印刷してあると躊躇しますが、新旧ロゴが混在していても、誰も気にしません。変更可能なところから新しいものに置き換えていけば、そのうち全て入れ替わります。

今回の学び Learning

文意は有料フォントを使いましょうということではなく、ロゴを安く作る手段もあるよという話でした。全てのデザインが、唯一無二のオリジナルである必要はないということです。自分の個性にあっているものであれば、既製品の組み合わせでもいいと思います。

コツ Tips

プロに依頼する

素人の手作りロゴは微妙なので、制作はデザイナーさんに依頼しましょう。頼める人がいなければ、↓のクラウドソーシングも便利です。

発展 More

クラウドソーシング

頼りになるデザイナーさんが知り合いにいなければ、クラウドソーシングが便利です。おそらく1-2万円でもロゴを作ってもらえます。

解説 Study

キリギリス

「キリギリス」という有料フォントがあります。ゆるい感じのかわいいフォントです。めちゃくちゃ使われているので、お店やウェブサイトなどをよく見ていれば、1日に1回どこかしらでキリギリスを使ったデザインを見つけることができそうなくらいです。農産品や食品でもよく使われています。

登板過多なフォントなのに、飽きが来ない。古臭く感じさせない。化物フォントです。

ここで説明したいのは、フォント単体でもデザイン性を持っているものがあって、ロゴなどにそのまま使えるものもあるということです。

参考:たかしま農園|長崎・高島フルーティトマト

参考 Supplement

日本語フォントは欧文フォントに比べてデザインしにくいです。そんな日本語の壁を乗り越えたプロの技はとても勉強になります。

まとめ #084 ロゴ制作
難易度 ふつう自分で作るのは難しいので、できる人に依頼しましょう
費用 中コスト数万円〜かかります。知り合いに頼めば安く作ってくれることもあります

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。