カテゴリー -6- 生産 の記事

主に生産管理に関するものです。技術そのものに関する改善は含まれていません。

カテゴリー
タグ

#057 圃場マップ

阿部梨園では、畑ごとに100本前後の梨の樹があります。樹の配置は、農家の頭の中には入っていても、経験が浅いスタッフは畑の全体像もつかめません。

#060 スタッフ日報

それまでの阿部梨園には各スタッフの日報のようなものはありませんでした(大学ノートにリーダーがまとめてメモする程度はありました)。

#061 雨の日業務リスト

それまでは雨の日はパートさんはお休みでしたが、正規雇用を導入して以来、正規スタッフに雨の日にも出勤してもらうことが増えました(出勤日調整の都合上)。特に梅雨の時期。

#062 圃場台帳

畑ごと、梨の樹ごとの管理記録(#167)を収集するようになったので、それらの情報を整理する必要がありました。

#063 労働時間集計

スタッフの日報(#060)で、誰がどの作業を何時間実施したかは記録が残るようになりました。これを集計すれば、過去の業務効率を分析したり、次の作業計画に生かすことができます。

#064 畑用メモ帳:野帳

スタッフに畑でメモを取ってもらいたい場面があります。指示/指導を受けたとき。作業記録や畑で気づいたこと、見つけたことを書き残すとき。おそろいのメモ帳を用意して支給しました。

#065 畑観察項目

畑の観察は大切です。何枚もの大きな畑をマメに見回りするのは大変ですが、スタッフみんなで分担すればずいぶん楽になります。

#066 生産量計測

経営改善に着手した当初、「まずは生産量x単価=売上を・・・」と計算しようとしたところ、生産量がわかりませんでした。

#154 圃場ミニマップ

圃場マップ(#057)を作ったのはいいのですが、紙のサイズが大きかったため、なかなか畑に持ち出して活用してもらえないということが起こっていました。

#155 年次計画

1年間の作業計画が阿部の頭の中にしか無かったので、通年の勤務経験がないスタッフは、どの時期にどのような作業をするか、段取りがわかりませんでした。

#156 週次計画

年間計画(#155)を立て、月間計画(#236)を立て、毎日の作業指示書(#058)も作るようになりました。長短の計画ができるようになってきて、気になるのは1週間の計画です。

#157 剪定誘引時計

冬の剪定作業は11月から3月までかかる長期戦です。各畑ごとにスケジュールを守らないと、期間内に終わらない恐れがあります。各自がスケジュールを意識して作業に集中するための施策が必要です。

#158 マニュアル

以前の阿部梨園は、作業の指示は現場での口頭説明が中心で、手順書のようなものはありませんでした。口頭だと毎回ゼロから説明しなければいけなかったり、説明の内容が安定しなかったり、言い漏らしや聞き漏らしがあったり、スタッフが後...

#159 人員計画

春と夏は求人の季節です。毎回、何人のチームを作るか悩みます。作業に遅れが出てしまうことを極端に恐れるあまり、人数ばかり増やしてしまい、終盤の仕事=出勤日が足りなくなってしまう現象が起こっていました。

#161 休憩ルール

阿部梨園では、お昼休みの他に、10時と15時に15分休憩をはさみます。通常は皆、休憩室(=事務所)に戻って水分補給をしたり、お茶菓子を食べたりします。この際に、畑と休憩室の移動時間が各自ややバラバラなので、作業時間の実態...

#162 スタッフの作業評価

梨園にはたくさんの作業があります。人工授粉や摘果という作業どれか一つとっても、それぞれ細かいスキルや知識、例外処理が求められます。どのスタッフに何をどこまで教えたか、誰が何をどこまでできるかが細かく共有されていなかったた...

#163 畑サンプル

不良果や病虫害など、作業中に見つけたら、報告や処分などの対応が求められるものがあります。口頭で説明しても伝わらないものは目で見て覚えてもらいたいのですが、即座に処分をしてしまうと他のスタッフが見ることはできません。