Microsoft ExcelやWordで作成した書類の書式が定まっておらず、毎回白紙から作成していました。過去の書類を見返しても、何の書類なのか、いつ作成した書類なのかがほとんど記入されていなかったので、困ることがありました。

今回の内容 Content

  • Microsoft Excel、Wordのテンプレートを作成する
    • タイトル、作成日を入力する欄を作る

Wordのテンプレート作成例

  • 書式を整える
    • MSゴシックからメイリオへ変更
    • 見出し1-6、段落などのスタイルを変更した(これはNG !、後述)
  • ヘッダーに「阿部梨園」と入れる
  • フッターに印刷した日が自動で入るようにする

参考:テンプレートを作成する – Office サポート

Excelのテンプレート作成例

参考:テンプレートを作成する – Office サポート

ねらい Purpose

  • 書類作成の工数を軽減する
  • 書類情報の漏れを減らす

今回の結果 Result

  • 書式が統一されて書類が読みやすくなった
  • 書類のタイトル、印刷日が出力されて検索しやすくなった
中の人

NG !Wordのほうは見出しの書式もこだわって作ってみたりしたのですが、Wordは書式の重ねがけができてしまうので、乱れまくりでした。Word大っ嫌い。Markdown(後述)だけの世の中になってほしいです。

Excelのテンプレートは日々使っています。

今回の学び Learning

個人メモなのか公式書類なのか、個人農家にとっては区別はないかもしれません。人と一緒に仕事をするときのために、誰が読んでもわかる書類づくりを意識しておきましょう。

コツ Tips

付録シートをつけておく

【中級者向け】Excelでプルダウンリストを使うと便利です。商品名、従業員名、資材名、、、をあらかじめリストにしておいて、選択するだけで入力できます。ここで紹介したいコツは、テンプレートの別シートを「付録シート」として、そこにリストを入れておくということです。この処理をテンプレートに施しておけば、プルダウンをどのファイルでもすぐ作れるようになります。

参考:3ステップ!Excelでプルダウンリストを作成する方法|エクセルハック

解説 Study

Markdown文書

段落、見出し、表、ハイパーリンク、文字修飾など、Microsoft Wordでできるようなテキストファイル作成を簡単にできるMarkdownという書式があります。Markdownに対応しているエディタを使うと便利ですが、Dropbox PaperやWordPressなど、各種サービスのMarkdown対応も増えています。

参考:Markdownはどう便利なの?(その1)(Day 2)|藤原 惟

マークダウン(Markdown)

軽量マークアップ言語の一。プレーンテキストに同言語の記述法による記号を付与するだけで、簡単にHTML形式のファイルを作成できる。パワーポイントやLaTeX(ラテフ)など、HTML以外のファイル形式に変換するコンバーターもある。

出典:マークダウンとは – コトバンク

参考 Supplement

まとめ #017 Word/Excelテンプレート
難易度 ふつうExcelとは友だちになってください。Wordとは絶交してもいいです
費用 ノーコスト費用はかかりません

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。