期末には、商品や資材の在庫を集計する「棚卸し」という業務があります。農業の確定申告でも義務づけられています。税務申告としても必要な業務ですが、管理会計としても棚卸しは重要です。

今回の内容 Content

  • 棚卸し項目を洗い出す
    • どこまで棚卸しするか基準がなかったので、項目を見直しました
  • 単価を再確認する
    • 単価が変わると、評価額が変わります
  • 購入データとリンクする
    • 在庫との差し引きで消費量を検算する
    • 消費量 = 期首棚卸量 + 購入量 – 期末棚卸量

棚卸し項目例

  • 農薬
  • 肥料
  • 包装資材
  • 商品(農作物)
    など

ねらい Purpose

  • 適正な棚卸しを行う
  • 棚卸しデータと購入量を照らし合わせて消費量を求める

今回の結果 Result

  • 適正な棚卸しになった
  • 大幅な損耗や計上ミスがないかチェックできるようになった
  • 各資材の年間使用量がわかって、仕入れ計画に反映できるようになった
中の人

佐川が入った当初、阿部梨園は多すぎるほどの包装資材の在庫を抱えていました(毎年、オリジナルの化粧箱を作っていたから。。)。資材の回転率アップや、保管場所のレイアウトを考えるために、在庫の管理は強く意識しました。

今回の学び Learning

直売農家にとってきちんと把握するべきなのは包装資材です。年間使用量が見込めると予算が立てられるようになり、経営管理面の見通しも良くなりました。

コツ Tips

単価の税込/税抜を確認する

税抜き価格と税込み価格を混在している可能性があるので、単価はよく確認してください。

検算する

商品の販売データ⇔資材の消費量、フタの使用量⇔本体(ミ)の使用量、などを照らし合わせると、ミスや大きな損耗がないかチェックすることができます。

解説 Study

棚卸資産の評価方法

棚卸資産の評価方法は(届け出をしていなければ)通常は、最新の仕入れ単価を使う「最終仕入原価法」ですが、他にもあります。

棚卸資産の評価方法
  • 原価法
    1. 最終仕入原価法
    2. 個別法
    3. 先入先出法
    4. 総平均法
    5. 移動平均法
    6. 売価還元法
  • 低価法

参考:棚卸資産とは?原価法・低価法・最終仕入原価法など全7種類の評価方法や計算の仕方をわかりやすく解説! – 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー – 税理士ドットコム

参考 Supplement

まとめ #034 棚卸し
難易度 ふつうイイ感じのExcelシートを作ってください
費用 ノーコスト費用はかかりません

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。