阿部梨園の軒先直売所には送料の掲示がありませんでした。レジで注文を受ける際に、接客担当が口頭で伝える形式でした。

今回の内容 Content

  • 送料表(#069)を店頭に掲示する
    • 並行して送料表自体をどんどんシンプルにしてしまいました

送料表(2015年当時)

類似の掲示シリーズ:店頭パネル(#097)店頭POP(#198)

ねらい Purpose

  • お客様に送料も含めて購入を判断してもらう
  • 送料に関する口頭のやり取りを減らす

今回の結果 Result

  • 送料表を店頭に掲示した
    • お客様にとって少しわかりやすくなった
  • 送料を確認する手間を省略できた
中の人

注文してから額を知るのと、額を知った上で注文するのは少し違います。伝えられるものは先に伝えておくのもお客様への誠意です。

今回の学び Learning

店内に掲示しておけば、質問を受けてもスムーズに受け答えできます。小さな工夫が、繁忙期の仕事量をピークカットしてくれます。

コツ Tips

なんでも積極的に掲示する

お客様から何をよく質問されているかを振り返って、送料に限らず、必要な情報は掲示するようにしましょう。

参考 Supplement

こんな感じのアクリルスタンドで掲示していました。

まとめ #073 送料表を店頭表示
難易度 かんたんむずかしい点はありません
費用 ノーコスト費用はかかりません

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。