阿部梨園のダンボールは、専用の大きいステープル(ホチキス)で封をしていました。金具が大きいので、お客様がダンボールを開封するとき、また処分するときに怪我してしまう可能性があります。そこで、ステープルを廃止して、テープに置き換えることにしました。

今回の内容 Content

  • ダンボールをOPPテープで封緘するようにする
    • ステープルを廃止する

ステープラーのイメージ画像

ねらい Purpose

  • お客様がダンボールを安全に取り扱いやすくする

今回の結果 Result

  • お客様がダンボールを安全に取り扱えるようになった
  • 若干のコストダウンになった
  • NG !テープを引き出す音がうるさくなった
    • もう少し高価なテープなら静かかもしれません
中の人

ステープラーの打ち損じに比べて、テープの貼り間違いはほとんど起こりませんでした。歩留まりも向上しています。作業スピードはほぼ変わりませんでした。テープの粘着力不足で箱の底が抜けてしまうなどのトラブルも今の所報告されていません。

今回の学び Learning

私自身、家に届くダンボールの、金具の処遇に困っていました。お客様の小さな不満を見つけて解消する習慣を身に着けましょう。改善点がどんどん見つかるはずです。

発展 More

自動製函機

50万円〜と高価ですが、箱を自動で組み立ててくれる機械が便利です。弊園は設置スペースがないので未導入ですが、箱を組み立てる人件費を考えれば格安だと思います。

解説 Study

ホッチキス針、外す必要ない? 「古紙再生で支障なし」記載の真偽は – withnews(ウィズニュース)

ホチキスの針は古紙再生過程でまとめて除去されるため、わざわざ外して分別する必要はない、という意見もあります。ご参考までに。。

参考 Supplement

まとめ #178 ステープル置き換え
難易度 かんたんむずかしい点はありません
費用 低コスト若干コストダウンします

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。