それまでの阿部梨園にはスタッフ用の駐車場はありませんでした。軒先や通用路の脇に駐車していましたが、ハイシーズンになると森の中や堆肥場の前のような場所も引っ張り出さないといけない期間もありました。

今回の内容 Content

  • スタッフ用駐車場を整備する
    • 森を開墾して余ったスペースを活用する
    • 6-7台分程度

ねらい Purpose

  • スタッフの駐車スペースを広げる
  • スタッフに安心して駐車してもらう

今回の結果 Result

  • スタッフ用駐車場が整備された
  • 駐車場にまつわる悩みがなくなった
    • 停める場所が足りない、路面のコンディションが悪く停めにくい、狭くて危ないなど
中の人

限られたスペースにに詰めて駐車するので、過去にはスタッフ同士の小さな接触事故もありました。売上や業務効率に直結するわけではありませんが、必要な装備です。

今回の学び Learning

最大10台くらいまでの来客にも対応できるようになったので、取材クルーや視察の受け入れも可能な幅が広がりました。イベント開催なども視野に入れていらっしゃる方は、さらに余裕を持って作りましょう。

工事をして舗装して立派な駐車場を作りましょうというレッスンではありません。邪魔なものを取り除く、なるべく平坦にする、線を引くなど、できることからやりましょう。

コツ Tips

非常用の駐車スペースを確保しておく

イベントや視察受け入れ、または繁忙期の来客増で、突発的に駐車スペースが足りなくなってしまうことがあります。隣家や近隣のコインパーキングなど、一時的に増枠できるアテを確保しておきましょう。

参考 Supplement

まとめ #234 スタッフ用駐車場
難易度 かんたんむずかしい点はありません
費用 高コスト造成すると費用がかかります

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。