スタッフの日報(#060)で、誰がどの作業を何時間実施したかは記録が残るようになりました。これを集計すれば、過去の業務効率を分析したり、次の作業計画に生かすことができます。

今回の内容 Content

  • 全ての作業時間を集計する
    • 元の日報が手書きなので、それをエクセルに入力し直しています
    • 時間はかかりますが、雨の日(#061)に手の空いているスタッフが打ち込みます

集計方法について

  • 月ごとのExcelファイルに記録しています。作業者、作業日、作業内容と3パラメータあるので、うち2つを選んで集計シートを作成します。
    1. (↓)作業内容、(→)作業日:作業日ごとに全員でどの作業にどれだけ従事したか
    2. (↓)作業内容、(→)作業者:一ヶ月の合計で各員がどの作業にどれだけ従事したか

ねらい Purpose

  • 人員ごと、作業ごとの所要時間を集計する

今回の結果 Result

  • 作業時間を集計できた
  • 所要時間を分析し、次の作業計画に反映されるようになった
中の人

前年に600時間要していた人工授粉作業が、当年は450時間で終わった!!!!!のような、計測してはじめて分かる事実があります。

今回の学び Learning

時間も家計簿をつけてみるということです。しっかり見直して翌シーズンに生かしましょう。

コツ Tips

同時に複数作業の場合は均等割

複数の作業を同時並行している場合は、あまり深く考えずに均等割すればいいと思います。厳密になりすぎること自体はあまり意味がありません。分類は、業務リスト/作業リスト(#063)に準じましょう。

発展 More

農作業日報アプリ/サービス

便利なものが増えています。特にクラウド系のサービスはどんどん使いやすくなっています。それらはみな米・野菜に特化していて、果樹栽培向けの使えるアプリがないので、弊園はエクセルでちびちびやっています。サイボウズ社のkintoneなどもいいと思います。

例:Agrion(アグリオン)- 新しい農業日誌のかたち –(基本無料)

解説 Study

データベース

大量のデータを同一フォーマットでまとめたものをデータベース(DB)と言います。Excelで作る一覧表もDBの一つといえます。Microsoft Accessなどのデータベースソフトを使うと、エクセルよりも高度な集計、分析をすることが可能です。今回のような作業時間データもそれなりの量なので、本来はDBのほうが適しています。

データベース

集めたデータを、あとから検索しやすいように分類、蓄積したもののことです。通常はデータベース・ソフトを使って作りますが、表計算ソフトで作成した一覧表や住所録、スケジュール帳も一種のデータベースといえます。

出典:データベース(データベース)とは – コトバンク

参考 Supplement

まとめ #063 労働時間集計
難易度 むずかしい集計する際にExcelの技術が必要です
費用 ノーコストかなり時間がかかります、その分の人件費がかかります

免責事項

・本サイトは閲覧無料のオープンメディアですが、著作権を放棄しているわけではありません。著作権および商標権その他知的財産権は、阿部梨園に帰属します。したがいまして、ユーザーは、本サイトのコンテンツの全部又は一部を、阿部梨園の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

・皆様が本サイトを使用/利用したことによる損害や損失について、いかなる責任も負いかねます。また、本サイトに含まれる資料の正確さや個々の目的への適合性を保証するものではありません。あくまで実践事例集としてご活用ください。

・当サイトはリンクフリーです。ただし、予告なくページの追加、変更、改訂、または削除することがありますので、予めご了承ください。